市内小中学校PTA役員、浜松市教育委員、浜松市役所、教職員等、総勢281名と多くの方にご参加頂きました。今年は脳科学者でメディア等でもご活躍をされている公立諏訪東京理科大学教授の篠原菊紀先生をお招きし、『子どもの脳、親の脳に必要なこと ~個々のレベルにあったトレーニング~』についてご講演頂きました。

その中で「成績に関わるのは知能より性格」、「脳を鍛える一つはの基本はワーキングメモリー(脳のメモ機能)を使うこと」、「素質ではなく努力を誉める」、「やる気がない時は行動を具体的にイメージする」等、面白おかしく和気あいあいと笑顔のある講演会なりました。

お陰様で多くの参加者から、「楽しかった」とか「家庭や他の保護者に試してみたい」等の感想を頂きました。

undefined

undefined